TOEIC(トーイック)スコアってご存知ですか?

じゃあ、ネイティブスピーカーという言葉を知っていますか?バイリンガルやカランメソッドは?

僕は、3年くらい前まではこんな言葉は聞いたこともありませんでしたし、当然意味も分かりませんでした。

でも、オンライン英会話のおすすめランキングで僕が見た時に一位だったDMM英会話でフィリピン人講師にみっちり3年間学んだ今では、ネイティブスピーカーに憧れていますし、TOEICスコアも720点でしたし、他のオンライン英会話スクールでカランメソッドの授業を受けたことも何度もあります。

もし、なんのことか分からないなんて言ってる人は間違いなくオンライン英会話スクールで英語を学んだことがない人です。

そんな人のために一応、言葉の意味を説明します。
ちょっと上から目線だけど、ゆるしてくださいw

ネイティブスピーカーとは、英語を母語(mother tongue)とする人たちのことを指します。つまり、アメリカやオーストラリア、イギリスやカナダなどの人々のことですね。

バイリンガルとは、聞いたことがある人が多いと思いますが、2ヶ国語を話せる人のことで、カランメソッドは、母国語での助けを借りずに英語のみを用いて英語を学んでいく勉強法のことです。
ちなみに、カランメソッドのカランとは、この英語勉強法を思いついたイギリス人の名前でメソッドとは(方法・方式)の意味です。

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)のことです。このテストは英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験になります。
僕は前回のTOEICスコアで720点だったわけですが、すごく良い点数という訳ではありませんが、悪くもない点数になります。
じつは、近年では僕には関係のない話ですが、就職試験の際に英検よりもTOEICスコアを重視するんだとか、、。

なんか色々と語って申し訳ないです。
ちょっと英語が話せるようになっただけなのに僕の悪いクセですw ←相棒の右京さん風(o^^o)

僕だって3年前にオンライン英会話のサイトをたまたま見ていなかったら英語になんて絶対に興味がなかったはずですし、未だに日本語しか話せなかったはずなんです。それにオンライン英会話スクールのフィリピン人講師が僕の今の奥さんですから人生は分からないものですね〜 ←この辺りの話は長くなるので次回以降に綴ります。

僕はもうすぐ30歳になるただのサラリーマンですが、英語がこんな面白いものだとこの歳になるまで気が付きませんでした。

だって、英語って世界で20億人もの人たちが話す言葉なんですよ!
僕はそんな英語が少し話せるようになって価値観がガラリと変わりました。簡単に言うと、物事を大きく考えるようになったのですが、その話は次回にします。